インプラント治療を詳しく知ろう

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

インプラント治療の流れと期間

インプラント治療は、一般的には5つのステップで行われます。

 

これに要する期間(治療期間)は
1回法で3〜6カ月、2回法で6〜12カ月といわれます。

 

しかし、歯が失われた部分の状況・残っている歯の状態・骨の厚さや量
噛み合わせの状態などは患者によって異なりますから、あくまでも目安でしかありません。

 

このサイトでは、一般的な2回法のインプラント治療の流れと
目安の期間について情報提供します。
豊洲の歯医者で治療を検討するなら、こちらの歯医者さんでも相談にのってくれると思います。

 

インプラント治療の第1ステップは、初診と治療計画の提案・確認です。
最初に歯科用CTなどを使った口腔環境や骨格の検査を行ったうえで、
患者の希望も考慮しながら最善の術式・治療期間などの治療計画を立てます。

 

第2ステップは一次手術です。
歯肉を切開して顎骨に穴をあけ、
そこに歯の土台になるチタン製インプラントを埋め込む手術です。
手術時間は長くても3時間程度ですから、
入院の必要はありませんしすぐに日常生活に戻れます。

 

第3ステップは定着期間です。
特段の治療を行うのではなくいわば待ち時間で、
埋入したインプラントと骨が結合して固定するまでの期間です。
下顎の場合は3カ月以上、上顎の場合は6カ月以上の期間を必要としますので、
その期間は仮歯を装着することもあります。

 

第4ステップは二次手術です。
再度歯肉を切開して定着したインプラントの頭の部分を露出し、
そこにアバットメントを装着します。
再度切開した歯肉が治るまで、約1週間から6週間必要です。

 

第5ステップは人工歯の製作・装着です。
歯肉が治った時点で歯の型取りを行い、
歯の形や色・歯並びにフィットした人工歯を作ります。
2次手術から約1〜6週間後に、人工歯をかぶせた時点でインプラント治療が完了します。

インプラント治療の副作用

インプラント治療においては、
重篤な副作用や金属アレルギーなどを心配する必要はないと言えます。

 

しかし、インプラント治療は外科手術をともなうものですから、
次のようなトラブルが起こる可能性があることを理解しておき、
心配な点は医師に確認することをおすすめします。
 

 

まず「麻酔による血圧の上昇」です。
インプラント治療では、
抜歯のような通常の歯科治療で使用する約2倍の麻酔を使用します。
麻酔を打つと血圧が上がる可能性がありますので、
高血圧の人は治療の前に検査を受けましょう。

 

なお、高血圧の人には専用の麻酔が備えられていますし
麻酔科専門の医師が在籍しているクリニックもありますが、
インプラント治療を受ける前にかかりつけの医師への相談をおすすめします。

 

次に「手術後の腫れ」です。
インプラント治療ではインプラントを埋め込むために歯肉を切開・縫合しますので、
術後に腫れることがあります。

 

また、骨の増量の補助手術を行った場合などには、
細菌感染で腫れる可能性もあります。
もし術後に腫れた場合でも1週間以内には治まりますが、
それ以上長引くときは、担当医師に相談してください。

 

もう一つは「手術後の痺れ」です。
手術を受けた後に痺れを起こす可能性があります。
その場合はビタミン剤が処方されますが、
近年はミューズインプラントという
事前の検査を綿密に行ってから手術が行われていることから、
術後に痺れたという具体的な事例は報告されていません。

 

なお、副作用ではなく治療後に多いトラブルに、
メンテナンス不足による歯周病などの感染症があります。
術後は適切なメンテナンスが必須です。