治療が出来ない可能性が高いケース

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

治療が出来ない可能性が高いケース

すばらしい進化を続けているインプラント治療ですが、
患者によっては治療を断られるケースがあります。

 

このサイトではインプラント治療が出来ない可能性が高いケースを紹介しますが、
治療技術は日進月歩で進化していますので、
疑問がある場合には専門医に確かめることをおすすめします。
西新宿の歯医者が評判良くてオススメです。

 

具体的には次のようなケースは、インプラントが出来ないことがあります。

 

・顎骨が成長段階のケース:
顎骨が成長段階の若年者(18歳以下)にインプラントを埋入すると、
顎骨が成長してもインプラント部分は成長しないことから、
歯並びに少しずつ影響がでてきます。

 

・糖尿病で血糖値コントロールが悪いケース:
インシュリン依存性糖尿病の人は傷の治りが悪く細菌感染の抵抗力も低下しています。
そのことで、手術のリスクが高くなる可能性があります。

 

・放射線治療を受けているケース:
麻酔で骨髄炎を起こす可能性があります。
特に、顎骨に放射線治療を受けている患者には、外科処置を行いません。

 

・重度の肝疾患のケース:
重度の肝疾患のある人は、手術による出血が止まらなくなることや
投与される薬剤が肝臓で代謝されないことがあります。

 

・重度の腎疾患で血液透析を受けているケース:
重度の腎疾患にかかると、免疫力が低下していますので傷が治りにくくなります。
特に血液透析を受けている場合には、
骨がもろくなっているのでインプラント治療は避けるべきです。

 

・ヘビースモーカーのケース:ニコチンやタールは血管を萎縮させますから、
手術後の傷の回復が悪くなります。
さらに免疫力も低下していることから、感染症の危険性もあります。

 

こうしたケース以外にも高齢・妊娠中や授乳中などさまざまなケースがありますので、
ネットやクリニックで良く確認してください。