インプラントの寿命を延ばす最新技術

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

インプラントの寿命を延ばす最新技術

入れ歯やブリッジ、インプラントといった義歯をはめ込むことで
失ってしまった歯を取り戻すという治療は、
現代において一般的なものになりつつあります。
こういった側面から行徳でインプラントの施術に定評のある歯科の様にインプラントに関する高い技術を持った歯科は客足が絶えません。
こうした治療はあくまで
人工物を口腔内に入れているということを忘れないでください。

 

人間の歯は非常に優れており、
血管から栄養を供給されることで少しずつ回復していきます。
人工の歯にはそのような機能が備わっていませんから、
付け始めてから何年も経つと劣化してしまうのです。

 

インプラントは欠損した歯の治療方法の中でも
比較的寿命が長い方だといわれています。

 

ただし、毎日のケアや定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、
お口トラブルやインプラントの寿命を縮めてしまうことに繋がるのは
他の治療方法と同様です。

 

セルフケアやメンテナンスに合わせて、
これからご紹介するような方法を用いることによって、
インプラントの寿命をさらに伸ばすことが出来ます。

 

それが、光機能化と呼ばれる方法です。

 

インプラントの寿命が縮まる大きな要因は、
私たちの歯槽骨や歯茎との結合能力が失われてしまうことです。

 

インプラントの根元部分にはチタンという金属が使われており、
これは他の金属に比べて人体に馴染みやすく、
悪影響を及ぼしにくいというメリットを持っています。

 

しかし、現在インプラントでよく使われているチタンは、
表面に炭素の原子が付着しています。

 

この炭素原子が、インプラントを装着してから時間が経つごとに
チタンの持つ人体との結合能力鈍らせてしまうのです。

 

光機能化とは、インプラントを埋め込む前のチタンに
特殊な施術を施すことによって、
表面にチタンを落とすことを指します。

 

表面の炭素を除去すれば、チタンが結合能力を失いにくい状態、
つまりインプラントの寿命を延ばすことが出来るというわけです。

 

これからインプラントを埋め込むことになったら、
ぜひ光機能化されているインプラントを利用しましょう。