健康保険適応になる条件

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

健康保険適応になる条件

インプラント治療は自由診療が基本でしたが、
2012年4月から「一定の条件を満たしたケースの場合」に限り
健康保険が適用されるようになりました。

 

しかし、どのようなインプラント治療でもどの医療機関での治療でも
健康保険が適用されるのではありません。
あくまでも厚労省が定めた条件を満たしたケースに限られており、
「特定のインプラント治療を特定の保険医療機関で行うこと」が必要です。

 

少し専門的ですが、以下、具体的に紹介しておきます。

 

インプラント治療に健康保険が適用されるのは、次のような5つのケースです。

 

・生まれつき顎骨の三分の一以上が連続して失われている。
・上顎の三分の一以上が連続して失われていて、鼻腔や副鼻腔へつながっていると診断されている。
・下顎の三分の一以上が連続して失われていて、病気などにより切除したと診断されている。
・顎骨が骨の移植で再建されている。
・顎骨が形成不全

 

健康保険による治療が可能な施設は、次のような条件を満たしている必要があります。

 

・歯科または歯科口腔外科を診療科目に設けている保険医療機関
・歯科または歯科口腔外科での治療経験5年以上、インプラント治療経験3年以上の常勤歯科医が2名以上配置されている。
・入院用病床(ベッド)数が20以上完備している病院
・宿日直医の体制が整っている。
・国が定める医療機器や医薬品の保管・安全性確保が整備されている。

 

患者には希望を持たせる制度変更ですが、
歯科大学や歯学部のある大学病院の歯科や口腔外科などを除けば、
一般のクリニックなどでインプラント治療に健康保険を適応させるのは
困難だとも言われています。
駒沢で選ばれている歯科Teoデンタルオフィス