たくさんの歯を失ってしまったときは

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

たくさんの歯を失ってしまったときは

どんなに注意していても避けられないような
アクシデントに巻き込まれる可能性は誰しも持っています。

 

そんな不測の事態に遭遇した結果、
歯を失ってしまうこともあるでしょう。

 

歯を失うということは、
私たちの大切な習慣である食事に大きな影響を与えます。

 

1本や2本でしたら、
部分入れ歯やインプラントで済むかもしれません。

 

しかし、大量の歯が抜けてしまった場合、
皆さんはどのような治療を選択しますか?

 

今回は、いざというときに備えて
多くの歯が抜けてしまったときに実施されることが多い
総入れ歯とインプラントについて比較していきます。

 

インプラントとは、歯の根元から歯冠にかけて
すべてを人工物で代用し、
外科的手術によってそれを埋め込むという方式の治療になります。

 

手術期間は半年~1年に亘るため、
大変長丁場の治療になることを覚悟しておきましょう。

 

しかし、歯を根元から固定しているため
噛む力も通常の歯とほとんど変わりません。

 

入れ歯ということを周囲にも悟られにくく、
審美歯科的観点から見ても優れた治療方法といえます。

 

ただし、注意していただきたいのが、メンテナンスと費用です。

 

定期的に歯科医院へ通わない、
もしくは毎日のケアをきちんとしていない場合、
インプラントの周辺から歯茎が弱ってしまいます。

 

いくつかの歯をまとめて埋める形のインプラントは、
数百万円ほどかかる点にも注意が必要です。

 

総入れ歯の方は治療が短期間で済み、
費用も安く抑えられる点が魅力です。

 

ただし、入れ歯を使っていると骨格が変化してきますから、
数年に1度新しい入れ歯に取り換える必要があります。

 

噛む力も通常の歯よりは弱いといわざるを得ません。

 

インプラントと総入れ歯、
大量の歯を失ってしまったときは
両者のメリットとデメリットを比較しながら、
自分に合った方法を選択しましょう。
本厚木歯科クリニック