インプラントと入れ歯とブリッジ

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

インプラントと入れ歯とブリッジ

自分の歯を失ってしまった場合の対処法として、インプラントの治療以外にも入れ歯やブリッジと呼ばれる対処法があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、それを把握した上で、自分がどの方法を選ぶか判断して下さい。
実際の治療においては八王子で矯正治療を得意とする歯医者さんのような歯科に問い合わせることが一番ですが、問い合わせるにあたっても知識は必要です。ここでは一般的な知識を紹介したいと思います。

 

まず一番自然の歯に近い状態で、食べたり、話したりする事が出来るのはインプラントと呼ばれる方法です。
噛み合わせに対する力も安定し、キチンとメンテナンスを行えば半永久的に使用する事が可能です。
見た目もまるで自分の歯のように見えますし、歯の機能面から見ても、他の方法と比較しても群を抜いていると言えるでしょう。
しかし、デメリットとしては、保健が適用されないため、治療には時間もお金もかかります。
また、骨の状態や病気の症状などが原因で、インプラント治療を受けたくても受ける事が出来ないケースも少なくありません。

 

入れ歯は、短期間であれば機能がある程度回復する事が出来、持病がある人でも利用する事が可能です。
しかし、顎の骨への負担が大きく、安定した咬み合わせを維持する事が出来ません。
また入れ歯は耐久性が低く、数年ごとに作り変える必要があります。

 

ブリッジは、自分の歯と同じように咀嚼や機能を回復する事が可能です。
しかし、ブリッジを支えるための土台となる歯が両側に必要となるため、
数本歯を失ったという人であれば、ブリッジは可能ですが、
たくさん歯を失ってしまった場合は、ブリッジの治療を受ける事が出来ません。
また土台となる歯に負担がかかってしまったり、
ブリッジをつけている部分が虫歯や歯周病になりやすく、新たに歯を失う原因になってしまう恐れがあります。